慰謝料とは・・

<慰謝料とは?>

 

交通事故に遭った際、慰謝料は一体いくらもらえるのか、

慰謝料の相場はいくらなのかが、どんな慰謝料があるのか

被害者にとっては最も気になるところではないでしょうか?

 

交通事故で負ったケガはもちろん、精神的苦痛に対しても

支払われる慰謝料ですが、この支払い算定には大きく分けて

3つの基準があります。

 

<3つの基準について>

 

まずは、自賠責保険と任意保険の過去に支払われた数字を拾って

みたいと思います。

 

自賠責保険の場合 死亡金額平均  1951万円

          損害・後遺障害平均 59万円 

任意保険の場合  死亡金額平均  7137万円

          損害・後遺障害平均 15万円

                (平成24年度の数字です)

 

 さて、慰謝料には「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」

の3つの基準が存在し、中でも「弁護士基準」で計算した慰謝料は

約4倍になるケースも多くありますので、交通事故の慰謝料の増額は

弁護士への依頼が必須になると言っても過言ではありません。

 

通院慰謝料ではどれくらいの差になるのでしょうか?と調べてみると

たとえば、3ヶ月の通院で、整形外科か整骨院ですと・・・、

※1ヶ月15日の通院でも、2倍の査定になるので45日の通院で

90日となります。

・自賠責基準  90日×4200円=378000円

・弁護士基準  53万円 

ということになりますから、152000円の差がでます。

 

ですから、後遺障害の慰謝料となれば桁が違うほど差が出るように

なるので、是非ご相談なりをしてから示談を考えてみてください。

ページトップ