交通事故と自動車保険

<交通事故に遭われたら…>

 

1.警察への「人身事故」の届けの連絡する

 

加害者は必ず警察に事故の連絡をしなければ

なりませんが、現場で示談を話してくる加害者もいる

かと思いますが、 警察への連絡をしないと

「交通事故証明書」が発行されません。

 

この証明書はあとあと保険の支払い等に必要ですので、

 被害者であっても、必ず届け出て「人身事故扱い」にして

もらいましょう。

人身扱いでなくても、通院慰謝料等は支払われますが、後々の

後遺障害の申請等では、事故との関係も問われますので、必ず

「人身事故扱い」にしてもらってください。

 

2.病院で検査を受ける

 

事故直後は興奮状態であり、痛みを感じにくいのですが、

重篤な障害が隠されてる可能性もありますし、病院で

必ず検査を受けるようにしてください。

 少しでも異変を感じる身体の箇所すべてを医師に伝えて下さい。

※2・3日後からいろいろ症状が出てくるケースがほとんどです。

 

3.保険会社へ連絡し、当院へ通院する旨を伝える

 

病院で検査を受けた後は、保険会社の担当者に当院に通院したい

旨を伝えてください。そして、当院にお知らせください。

 

4.当院へご連絡

 

来院される前に、一度ご連絡頂きますと、交通事故の治療に関して

のご説明とこれからの治療計画等をご説明させて頂きます。

そのうえで、交通事故治療の方優先となりますので、治療時間外でも

スムーズに治療を受けられます。

 

<事故発生時にやるべき事>

 

1.負傷者の救護・道路からの危険物の撤去

 

加害者・被害者問わず、負傷者がいる場合はすぐに救急車

呼びましょう!

 二次災害を防ぐため、ケガ人を安全な場所へ運び、道路上の

危険物などを撤去します。

 

2.警察への「人身事故」の届けの連絡する

 

加害者は必ず警察に事故の連絡をしなければなりません。

 警察への連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されません。

この証明書はあとあと保険の支払い等に必要ですので、 被害者で

あっても、必ず届け出て「人身事故扱い」にしてもらいましょう。

 

3.加害者の確認

 

加害者の車検証、免許証を確認しましょう。

 住所、名前、電話番号、相手の保険会社、勤務先なども控えて

おくことが大事です。

 

4.目撃者の確認と証拠の確保

 

後日、裁判になった場合に証拠が必要となる場合があります。

 加害者もいろいろ理由をつけて罪を軽くしようとしますので、

目撃者の確保は必要です。

目撃者がいましたら、お名前と連絡先を聞いておきましょう。

 

5.事故の記録をとっておく

 

人間の記憶は時間がたつと消えてしまいがちです。

鮮明に記憶が残っている間に、記録を残しておきます。

また事故現場の写真を撮っておきます。

車等を動かしてしまう前に、できれば、携帯電話の

写メにおさめておくことをお勧めします。

 

車対車の場合は、過失割合の時に役に立つことが

あります。事故にあった日時・状況・相手側の情報等

をまとめておくと便利です。

 

6.自分の加入している保険会社への連絡

 

加入の保険会社へ必ず連絡をいれましょう。

事故の場合は24時間受付する保険会社がほとんどです。

基本的には治療費の支払いや、賠償金の請求は相手側の

保険会社が窓口になりますが、自分の保険会社に今後

どうしたらいいか?ということも聞いてみてください。

 

7.自賠責保険と任意保険とは・・?

 

自賠責保険とは、以前は強制保険といっていたものです。

国土交通省の扱いで、人身に関わる医療費・治療費・

通院慰謝料・休業補償・通院費用等の保証に支払われる

ものなので、民間保険会社の支出にはなりません。

 

ただし、補償金額に限度がありますので、民間の任意保険

に加入する必要があるわけです。

過失による相殺は、70%以上になると重過失減額となるが

それまでは、過失の有無は問いません。

 

補償金額の限度として、人身の治療費等は120万円

死亡は3000万円となっています。

任意保険は、物損保証と自賠責の補填をするような形で

考えてもらえればと思います。

できれば、年間2000円ぐらいで弁護士特約をつけられます

ので、ご確認の上付けられておかれると安心かと思います。

 

8.通院慰謝料とは・・?

 

被害者(加害者でも)になられて、身体の痛みやつらい症状との

闘いは、3のつく3日、3週間、3ヶ月、そして3年は用心と

思ってください。

ですから、事故直後の興奮している(交感神経が異常緊張時)

時の痛みは、格闘技の時のように痛みは感じません。

逆にふるえや、筋脱力の方が多くみられます。甲状腺の亢進と

同様の感じです。

まずどんな些細な事故と思っても、精神的なショックに対しては

医学的にも考慮はありません。

 

私も、5年の月日が過ぎた頃からでした。

 

もし、ご自分の身体を冷静にみられて「なんか違うな・・?」

と思われたら、必ず整形外科の先生に申し出てください。

疼痛やしびれ、感覚がにぶいように感じたら、後遺障害を視野に

入れた闘いをして行ってください。その場合は、週一の整形外科

通院を必ずしてください。

 

保険や交通事故の詳細質問等は、

「お問い合わせ」にてどうぞお気軽にお知らせください。

ページトップ