チェリーというじゃじゃ馬がいました・・。

「チェリー」は日産自動車の車ですが、元々は、
プリンス自動車工業の開発車で、次世代の前輪駆動の車でした。

 

チェリー

http://vintage-car.net/2015/07/30/nissan-cherry-x1…

 

プリンス自動車をウィキで調べてみますと、

プリンス自動車は、1966年8月に日産自動車に吸収合併されたのですが、

グロリア・スカイラインやホーミーなどの車が、日産に引き継がれています。

 

プリンスは、立川飛行機の社員だった外山氏、田中氏らの技術者によって

東京電気自動車からのスタートということででした。

 

1951年からガソリン自動車開発に転身し、石橋正二郎(ブリジストン)

の支援があって、中島飛行機系の富士精密工業との合併とかいろいろな遍歴を

経てプリンスとなり、そして日産に吸収されるまで、苦労が多かった会社

といえますね。

 

日産自動車との吸収合併時は、石橋氏が代表取締役会長となっています。

 

その日産自動車の、初の前輪駆動車(FF)となったのがチェリー

という車のです。

 

第二次世界大戦の敗戦後、7年間の飛行機製造が禁じられ

その12年後に、YS-11が初飛行となるのですが、

また10年後に生産を終了してからは、その後は造られてはいません。

 

飛行機を造っていた技術者の人たちは、その技術を生かすためにも、

自動車という世界に入る選択肢が、多かったのでしょうね。

 

最近ようやく、三菱航空機MRJを開発後、7年を経て去年、

初飛行を行いました。

 

あ、すみません、また話がそれました。

ついでに、これも余談ですが、「プリンス自動車」は、皇室の御料車

として試作を重ね、日産との合併後、「ニッサンプリンスロイヤル」

の名前で宮内庁に納車していました。

 

ということで、雑談は終了しましょう。

 

チェリー」は、1970年(個性ある車の絶頂期の時期です。)に、

東京モーターショーで発表され、A10型、A12型エンジン

(以前書きましたサニーGX5のエンジン)を載せた、

サニークラスの一ランク下げた車のとして、開発をされて

いたのです。ターゲットは、初めて車を持つ若者ということで

販売されました。

 

エンジンは前述した通り、A12型と1000ccのA10型という

小さ目な車だったのです。ところが、車の重量が670kg

軽自動車に匹敵するような軽さです。

 

A12型のエンジンは80ps以上の馬力を持っていたので、

その辺の車では太刀打ちできない速さを持っていました。

 

速い車を作るには、確かにエンジンが強力で、回るエンジンの

車でないと話になりませんが、1.2tもある車と0.6tの

車では、もの凄い差が出てきます。

 

カーブでも、その半径の大きさによって違いますが、重いと

遠心力が強く、タイヤが車を抑えきれません。

 

ですから、そのバランスがうまいのはベンツのような

ドイツ車ですね。車を売るためにはどうするか?

ドイツ車とわかるようにするにはどうするか?

 

ということになって、ドイツにしかないものにするには、

資質を極度に高め、バランスのとれた高くても売れる

世界一安全な車と創るということに徹底したのです。

 

それが、ベンツでありBMWでありアウディでもあるのですが、

残念ながらワーゲンは、信用を失うことをしてしまいましたね。

また話がそれてしまいました。

 

そのA12型エンジンを載せた「セミファストバック」の車は、

オーバーフェンダーを付けた走り屋になって、1973年に

発表されました。

 

それが、「チェリー1200X-1・R」です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

http://tosdotti.exblog.jp/4999972/

 

FF車は、カーブでは内側に切り込むようになる

オーバーステア)ので、FRの車に乗っていた方は

注意が必要です。

 

ちょっとシフトの遊び(日産系に多かった?)が出ていた車に乗ったので、

それがちょっと気になりましたが・・。

乗っては楽しい車でしたね。

コメント3,497件 “チェリーというじゃじゃ馬がいました・・。”