三菱自動車のGTOです・・。

いつも、ブログをお読み頂いてありがとうございます。

今日は、いろいろな話題があった三菱自動車の懐かしい車

を見てみましょう。

それは、GTOという車です。

 

GTO
http://www.carsensor.net/contents/editor/category_…

 

やはり古き良き時代の1970年頃の車で、
トヨタのセリカ・リフトバックと同じスタイルで、
当時のムスタング・マッハワンのマッスルパワー車
に似た形の車でした。

 

マッハ1
http://www.j-sd.net/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3…

 

車の発売時期は、GTOの方が3年早いのでムスタングが好きな方は、
やはりGTOに目が行っていたと思います。

1970年10月に発売されたのですが、12月には当然のごとく

DOHC(4G32型)のエンジンを載せたMRという車が

発売されました。

 

MRは、Mitsubisi Racingを意味しており、今後の三菱自動車

の最上級スポーツ車に受け継がれることとなったのです。

 

コルトギャランの基本的な設計を流用し、スタイリッシュの

ハードトップクーペに仕上がったのです。

 

スタイルは「ダイナウェッジライン」と呼ばれ、さらにテールも

ダックテールという、米国のマッスルカ―車を彷彿させ様な車でした。

 

MRの車には、1.6Lながら、最高速度200kmの車となって、
三菱自動車の看板モデルとなったのです。

当時の値段は、MIが78.6万円、M2が84.3万円、

そしてMRが112.5万円でした。

 

セリカのリフトバック1600GTが96万円ですから、

価格も安くはなかったのですね。

 

3年後には、2000ccで、125psのGSRが発売されたのが

最後に、排ガス規制で消えていくことになるのです。

 

このGSRには、オーバーフェンダーがついてかっこ良かったですよ。

みんないつかは乗ってみたいと思うような車でした。

 

その弟分として、FTOという車があります。1400ccと

1600ccのエンジンを載せて、MRのようなDOHCは載せる

ことはなかったのです。

 

最上級車はGSRで、やはりオーバーフェンダーを装着していたが、

1974年には、オーバーフェンダーは外されたものとなり、

1975年でその名前も消えることとなったのです。

 

でも、19年の時間を経て、後に再登場しています。三菱自動車

と言えば、ラリーですね。

 

ランサーやパジェロでの優勝等、同社は、モータースポーツ分野でも

サファリラリーやパリ・ダカールラリーではなくてはならないほどの

メーカーとなっているのです。

 

そのことからも、今回のは本当に残念としか言いようがありません。

信用を作るには、大変な努力を重ねてやっとの思いで名が通る

ようになるわけです。

その信用を破壊するようなことは、とても考えられないことですが、・・・。

 

コメント2,623件 “三菱自動車のGTOです・・。”