スープラというスポーツカーですが・・・?

スープラというスポーツカーですが、かっこいいですね!

トヨタスープラはご存知ですね。

 

1978年に初めてセリカXX(ダブルエックス)という名で
販売されました。

 

北米仕様では、成人映画の度合いを示す記号なので「スープラ

として販売していたのです。

 

スープラ
http://b-cles.jp/car/meisha/toyota_supra_1st.html

 

三代目からは、スタイルもスポーツカー的なものに変化し、
サーキットが似合う、カッコいいという車になったのです。

 

1986年から1993年までに販売されましたが、

「トヨタ3000GT」というキャッチコピーで売られていました。

 

エンジンも2.0Lから3.0Lまであり、最高馬力は、

国内制限ぎりぎりの280psという性能を誇っていました。

 

その中でも、2.5Lツインターボの1JZ-GTEは、リッター

100ps越えの280psという、国内でも見られないくらい

のリッターあたりのパワーウェイトレシオを誇っていたのです。

 

レースでは、グループAに参戦したのですが、スカイラインGTR

の前ではなすすべもなく1990年には撤退せざるを得なかったのです。

 

四代目となるスープラは、レースを目標に置いた車になって、

その中でも上級車は、シーケンシャル方式のツインターボで、

やはり国内限度の280psという馬力を出していたのです。

 

そして、マニュアルで6速という日本初の 変速機を備えて

いたのです。

 

タイヤも、17インチにインチアップされた物を履いて

いました。さらに、このA80型のRZ-Sには、

前輪225、後輪245という、前後異なったタイヤ

ついていたのです。

 

スープラ4http://blogs.yahoo.co.jp/mijoushort/45639831.html

 

この四代目は、打倒フォード・シエラ、スカイラインGTR、

ホンダNSXを旗印に、いろんなレースに闘いを挑みました。

 

三代目の車体の重さとエンジンのバランスは、その努力は実る

ことなく、超えることの出来ない壁となって撤退してしまうの

ですが、その悔しさという形で、四代目の挑戦は各レース場の花

というくらいに活躍をしていくのです。

 

ただ、また公道を走り、シグナルレーシングをする若者も

多くなって、今でもこの車のファンは多く、年代の割には

中古車市場でもプレミアム的な存在が見られます。

 

「スープラ」という名前の由来は、ラテン語で「至上かつ最高」

とか「上へ」、「超えて」という意味(ウィキ参照)だそうです。

 

今見てもカッコいい車です。

でも、残念ながら、乗ったことがないのです。さみしいですが・・。 

コメント2,661件 “スープラというスポーツカーですが・・・?”