初代のソアラは日本だけだった・・?

初代のソアラという名の高級車は日本だけだった・・?

トヨタの2000GTにつながる高級スポーツカーを目指した

「ソアラ」という車はご存知ですね。

 

ソアラ
http://ameblo.jp/k-staff5555/entry-10313255884.htm…

 

多分、皆さんはご存知だと思います。

なぜそんなに自信ありげに言うかと不思議に思われるかもし

れませんが、初代目から二代目に入った1986年からバブル

景気に突入していくのです。

 

世の中は、お金が回りすぎて大変な時代だったのです。

 

一年の昇給が2万円近くも上がったり、知り合いの不動産屋の

話では、どんな土地でも見つかりさえすれば、午前中に買い

付けて、午後に売りに出すとすぐ買い手がついて、それだけで

数千万の利益が出るんだといって笑っていましたが、

信じられないと思いますね。

 

005.jpg

http://getnews.jp/archives/358888

 

とにかく、金庫からお金があふれ出して大変だよと自慢げに

話をしていました。

 

車はベンツで、毎日高級クラブ通いで散財してもなんでも

ないし、帰りは当然タクシーで都内から他県まで平気で

乗っていましたね。

 

当然それも毎日ですから・・。

そしてチップつきで万札をばら撒くように払うのですよ。

信じられますか?

 

auto-xGO1Cq.jpg

http://www.life-advisor.biz/index.php?FrontPage%2F…

 

その不動産屋さんは、バブル崩壊の1991年冬に倒産

しましたが・・。

 

インフレという名の、乱痴気騒動はまるで滝のような勢いで

沈み込んで消えてしまったのです。

 

残ったのは、その化け物に振り回された残骸が、心まで廃墟

のようになってしまい、本当に「泡」ということでした。

 

そのバブル真っ盛りの時に売りに出されたのですから、

売りに売れて1986~1991年の5年間で、何と

30万台も売れたのです。

 

ソアラb

http://matome.naver.jp/odai/2141224828198345201/21…

 

その大人気の車と、当時の暴走族(それ以前はカミナリ族・・?)

が合体してしまったので、一時は社会問題にまでなってしまい

ました。

 

せっかくの象徴的高級車が、若い兄ちゃん連中に改造され、
街中をピロプロピロプロ・・と鳴らしながら走られた時は、
本当に「なんでそうなるの!=古いです・・。」という

感じでしたね。

 

「世界に一つ、日本にソアラ。」この二代目の時の

キャッチコピーです。

 

それだけ力を入れていたということですね。

 

このソアラのカラー「白」は、
当時日本で初めての「スーパーホワイト」という、白以上に

白い車という感じで、とにかく綺麗な白い車だったと

記憶しています。

 

ただ、これだけの高級車ともなると、いろんな装備をして

豪華さを出していますから、1500kgを超える車重量

があったのです。

 

走っても少しいじらないと大丈夫かなって、感じはして

いました。

 

そこに暴走族の愛用車ということですから、世の中は

読めないですね~。

 

サスペンションもダブルウイッシュボーンという
2000GT以来のものを採用していますし、
やはりいろいろお金はかかっています。

 

私はこの二代目が大好きでしたが、値段的に買えません

でした。バブルは、私にだけ挨拶なしの寂しい出来事

でした。皆さんはどうでしたか・・?

コメント3,231件 “初代のソアラは日本だけだった・・?”