え、バモスって車の名前・・?

バモスって車はご存じですか・・?

バモスって車は、本田技研工業の車です。 ご存じですか?

え、知っています?それは凄いですね。

 

バモスhttp://b-cles.jp/car/meisha/honda_vamos_1st.html

 

そうです、1970年代の初めに販売された、軽トラックのオープンカーです。

軽トラックのオープンカーといえば、そんな車を誰が乗るのかな?

という疑問が湧いてくると思いますが、予想通り、

総生産数2500台しか売れなかったのです。

 

レジャーブームで、これはと思って販売したのでしょうが、

その波に乗れなかったという訳です。

 

が、ユニークですよホントに。怒られますが、ちょっとして

リヤカー車のような感じで乗ってはフルオープンなので、

町を走れば、何の車?ということになります。

 

ただ、目立ちましたね。これだけは言えます。

 

オフロード的な車でおもしろいと評判だったのですが、

登坂力やオフロードを走るということで、4WDであれば、

ということは言われていました。

 

そのせいもあって、目標の月産2000台はほど遠く

1973年に生産を終わったのです。

 

bバモス
http://minkara.carview.co.jp/userid/251769/car/144…

 

この車の正式名称は、「バモスホンダ」という車名が先になる

ネーミングで、北米をイメージさせたものということだった。

 

この車も、水平横置きの空冷エンジンで、このバモスがホンダの

軽自動車最後の四輪車という事になったのです。

 

オープンカーですから、幌があって2座席のみのものがバモス2

というそれに4人乗りのバモス4ということです。

 

価格は、バモス2が32万1000円、バモス4が35万1000円、

フルに覆う幌のものが、36万9000円というそれほど高い車では

なかったのです。

 

まあ、オープンカーですからね。

 

この車の面白いところは、車体の前面にタイヤを載せていて、

そのスペアタイヤが衝突の衝撃を吸収してくれるという売り

でもあったらしいです。

 

乗員用のドアがないために、転落防止バーが付いていて、

シートは前後ともベンチシートだったのです。

 

でも、ジープでもがら空きの車に乗ると、風を切って

走るということは気持ちが良いのですが、ちょっと怖いですよ。

 

その形とデザインのおもしろさで、円谷プロダクション

の特撮によく使われたという事も、ウィキに書いてありました。

 

Goonetで探してみましたが、売っていました!

 

あまり見つからなかったのですが、75万円、63万円

なんと、ふるさとの山形でも売っていました。

 

118万円という値段でした。

 

スポーツカー時代に、こんな面白い車もあったということ

を知っていただきました。

コメント2,778件 “え、バモスって車の名前・・?”